今回は光触媒塗料についてお話しします。

光触媒塗料は、太陽光や室内照明などの光を利用して化学反応を促進する塗料のことです。この塗料は塗布されると、光の作用によって有機物や微生物を分解し、臭いや汚れの原因となる物質を除去するなど、さまざまな特徴を持っています。

ではいくつか光触媒塗料の主な特徴を挙げていきます。

●自己洗浄効果: 光触媒塗料は、表面に付着した有機物や細菌、カビなどを分解するため、自己洗浄効果があります。これにより、塗装表面が清潔を保ちやすく、定期的な洗浄が不要となります。

●空気浄化効果: 光触媒塗料は、空気中の有害な物質(揮発性有機化合物や窒素酸化物など)を分解し、浄化する能力があり、室内の空気質向上が期待できます。

●抗菌・抗カビ効果: 光触媒塗料は、微生物の増殖を抑制するため、抗菌・抗カビ効果があるため、壁面や建具などの表面が清潔を保ち、健康的な環境を提供します。

●耐久性: 光触媒塗料は、化学反応によって汚れを分解するため、長期間にわたって効果を持続させることができます。他の塗料よりも耐久性が高いとされています。

●環境に優しい: 光触媒塗料は化学的な洗剤や殺菌剤の使用を減らすことができ、環境に配慮した塗料です。

次回は光触媒塗料のデメリットについてお話しします。