〈秋に外壁塗装するメリット〉

適度な気温と湿度: 秋は一般的に気温と湿度が安定しており、高温多湿の夏や寒冷乾燥の冬に比べて、塗料が適切に乾燥しやすく、均一な塗膜を形成しやすい季節です。適度な湿度と温度は、塗料の密着性や乾燥時間に良い影響を与えます。

乾燥時間の確保: 秋は日中の暖かさと夜間の涼しさの対比が比較的穏やかで、夜間の露や結露が少ない傾向があります。このため夜間の乾燥時間を確保しやすく、塗装が十分に乾燥して密着することができます。

塗装の耐久性向上: 秋は、気温や湿度の影響を受けにくいため、塗膜の耐久性が向上します。

快適な作業環境: 塗装作業は夏の暑さや冬の寒さでは労働条件が厳しいことがありますが、秋の適度な気温と湿度では作業員が快適に作業を行うことが出来ます。

〈秋に外壁塗装する際のデメリット〉

急な気温変化: 秋は日中と夜間の気温差が大きい場合があります。急激な気温変化は、塗料の乾燥や硬化に影響を及ぼすことがあります。

降水確率の増加: 秋は雨の日が増える季節であり、降水確率が高まることがあります。雨天時の外壁塗装は避けましょう。

寒冷地域の凍結リスク: 寒冷地域では秋から冬にかけて気温が急降下し、凍結のリスクが高まります。凍結した状態で外壁塗装を行うと、塗膜が剥がれる可能性があります。

〈秋に外壁塗装をする際に気をつけたいこと〉

初秋は台風が多いというリスクはありますが、1年を通してみるとやはり秋は外壁塗装に適した季節ですので需要は増えます。秋に工事を検討される場合は早めに計画を立て、予約をしておく必要があります。