外壁塗装のベストシーズンについて季節ごとにお話ししてきました。

春夏秋冬、日本の気候を考慮すると、一般的に最適な塗装条件は「気温が10~30℃」で、「湿度が45~80%」とされています。気温が高いほど塗料は早く乾燥しますが、高湿度の場合には水分の付着や結露などの問題が発生する可能性があります。

季節を問わず以下のような場合は施工できない場合が多いです。

【早朝、夜間】

朝晩の気温差が大きい時には、金属の表面に霜や露ができやすくなりますので、注意が必要です。

【強風時】

強風によって足場崩壊の恐れがある

塗りたての外壁にチリやホコリが付着する

【降雨時】

塗料が乾燥しにくい

仕上がりに影響する

滑ったり施工時の安全面から足場の組み立てや養生シートの張り付けなど、塗装以外の作業は天候の状況によっては進められることがあります。

屋外工事の外壁塗装は、季節や天気の条件に一定の影響を受けますが、通常は春夏秋冬、積雪がない限り行われます。工事の金額は一般的に季節によって大きく変動することはほぼありません。

外壁塗装は一般的に4〜5月(春)または10〜11月(秋)が好ましい時期とされていますが、それぞれの時期にはメリットとデメリットがあります。ご家族の方とよく相談し、適した時期を検討してください。

重要なのは、季節や時期に関係なく、適切な外壁塗装を提供してくれる信頼性のある業者を選ぶことです。