今回は耐候性もあり、長期間にわたって色あせたり劣化したりしにくいセラミック塗料についてお話ししていきます。

セラミック塗料とは…

そもそもセラミックとは、陶磁器、セトモノなどの「陶器」のことを指します。広くとらえると、砂やガラスなどを焼き固めたもののことです。セラミック塗料は、セラミック微粒子(陶磁器やガラスのような硬い材料)無機系のモノを含んでいる塗料のことをいいます。これらの微粒子は耐久性が高く、摩耗や腐食に強い特性を持っています。セラミックは原料のことなので、セラミック塗料にグレードはなく、ベースとなる塗料(アクリル・ウレタン・シリコンなど)により、耐用年数などが異なります。

セラミック塗料メリット

●断熱効果が高くなる

●デザイン性が高くなる

●色褪せしにくい

セラミック塗料デメリット

●価格が高い

●吹付工法では職人の技術によって仕上がりに差が生じる

●割れやすいものがある

セラミック塗料はこのような方にオススメ!

意匠性を持たせることによりデザイン性があるため、塗り替え前と建物の印象をガラッと変えたい方にオススメです。