ペイントホームズ
船橋店

塗装にオススメの季節

今回は塗装のベストシーズンについてお話しします。

春夏秋冬・・・一年を通して様々な環境の中で外装メンテナンスにふさわしい時期はあるのでしょうか。

寒冷地をはじめとした地域差はあるものの、日本の環境を考えると塗装に適した気温や湿度は一般的には「気温…10~30℃」・「湿度…45~80%」が、適正範囲と言われています。

塗料は気温が高いほど早く乾燥します。しかし高湿度な場合は水分の付着や、結露が発生といった不具合が起きる可能性がでてきます。

また寒冷地など気温が5℃以下になると塗料が乾燥しづらくなってしまい、適正な塗装ができなくなってしまうので、塗装工事の実施自体を避けるのが無難でしょう。

季節を問わず以下のような場合は施工できない場合が多いです。

【早朝、夜間】

日中との気温差が激しい早朝や夜間は、金属部分に霜や露が付着する可能性もあるため注意が必要です。

【強風時】

強風によって足場崩壊の恐れがある

塗りたての外壁にチリやホコリが付着する

このような理由から強風時の塗装は中止されることがあります。

【降雨時】

塗料が乾燥しにくい

仕上がりに影響する

施工時の安全面から

このような理由から降雨時の塗装はされません。

では次回から季節ごとにお話ししていきます。