ペイントホームズ
船橋店

屋根・外壁塗装にオススメの季節  【冬】

今回は気温下がる冬の塗装についてお話しします。

春と秋は気候と気温が最も適している季節だと考えられますが、結論として、積雪のない地域であれば冬でも外壁塗装は可能です。

ただし、外気温がかなり低いため、通常よりも塗料の乾燥には時間がかかります。また、日照時間も短いため、1日の作業時間が制限され、施工期間が長くなる可能性があります。

〈冬の外壁塗装のデメリット〉

気温が5℃未満になると、塗料がうまく乾かず、凍結のリスクも高まります。これにより密着が悪くなり、外壁が剥がれる可能性も出てきます。そのため、通常は冬季に外壁塗装を行うことは避けられます。

さらに、日照時間が短いため、作業効率が低下します。これが原因で工期が大幅に長くなり、塗装の完了までに時間がかかる可能性があります。

〈冬に外壁塗装をする際に気をつけたいこと〉

気温の確認と計画: 外気温が5℃未満になると、塗料の乾燥が悪くなり、凍結のリスクが高まります。凍結になると足場が悪く事故の原因にもなりかねません。また天気が良くても冬場は夜露などで外壁が濡れてしまっていることもあります。その場合、壁面を乾燥させてから塗料を塗らないと、余計な水分が混ざって形成不良を起こしてしまう可能性があります。

適切な気温での作業を確保するために、気象情報を確認し、外壁塗装の計画を慎重に立てましょう。また、寒冷地域ではできるだけ冬季の外壁塗装を避けることも検討されます。

塗料の選択と調整: 寒冷な気温では通常よりも塗料の乾燥が遅くなります。このため、特に低温時に適した塗料を選択し、必要に応じて塗料の調整を行うことが重要です。これにより、密着性や耐久性を維持しつつ、寒冷な環境に適した外壁塗装が可能です。

寒冷な環境では作業効率が低下します。十分な照明や暖房を確保し、快適な状態で作業できるように心掛けましょう。