外壁塗装を高品質・低価格に

全艶塗料を選ぶ際におすすめの色

全艶塗料は光沢があり、暗い色や深い色調を美しく際立たせます。特に、ブラック、ダークブルー、ダークグリーンなどの深みのある色は、豊かな色彩を実現します。

明るい色も全艶塗料で美しい仕上がりを実現できます。白、クリーム色、明るいグレーなどの色は、光沢のある塗装面で清潔感や広がりを演出します。ただし、汚れや傷が目立ちやすい傾向があります。

また金属光沢のある色調は、光の反射によってさらに魅力的に映えます。

一方で、地味な色や過度に控えめな色調は、塗装面を単調に見せることがあります。あまりにも地味な色は、光沢のある表面での見栄えが損なわれる可能性があります。全艶塗料でも特定の色は劣化や変色が目立ちやすい場合があります。特に、直射日光や強い紫外線が当たる場所では、色の変化が早い色や、特に明るい色を選ぶ際には注意が必要です。

外壁塗装において、艶有り塗料を選ぶ場合は色の選択が重要です。暗めの色を選ぶことで、艶有りの特性を活かしつつも落ち着いた雰囲気を演出できます。一方、艶を抑えた明るめの色の塗料を選ぶことで外観を明るく保つことができます。艶消し塗料は光をほとんど反射しないため、日当たりの悪い場所では暗い雰囲気になりがちです。

外壁塗装では、艶の有無によって塗料の明るさを考慮し、理想的な仕上がりを実現できます。