ペイントホームズ
船橋店

外壁塗装 水性塗料・油性塗料

外壁塗装には主に水性塗料と油性塗料の二つの主要なタイプがあります。それぞれの特徴と適した状況について詳しくお話ししていきます。

水性塗料

主成分: 主に水をベースにした塗料です。

特徴

・低VOC(揮発性有機化合物)で環境に優しい

・塗料中の臭いが少なく、換気がしやすい

・乾燥が迅速で、短時間で塗装作業が完了できる

・製品によっては柔軟性と耐久性が高い

適した場面

室内外の壁や天井、フェンスなどに広く使用される

油性塗料

主成分: 油をベースにした塗料です。

特徴

・密着性が高く、耐久性が強い

・木材や金属などへの浸透力が高い

・光沢の調整が可能で、様々な仕上げができる

適した場面

外部の木製部分や金属製品、耐候性が求められる場所に使用される

水性塗料は環境に優しく、乾燥が迅速ですが、密着性がやや劣ることがあります。一方、油性塗料は密着性や耐久性が高いが、揮発性有機化合物が多く、乾燥に時間がかかります。どちらを選ぶかは、塗装対象の素材、環境条件、作業の手間や期間、予算などさまざまな要因によってかわります。専門の業者に相談して、家に合う適切な塗料を選択しましょう。