ペイントホームズ
船橋店

外観の色褪せしにくい色の選び方 

外壁塗装の色は、建物の外観を大きく左右し、美しさを長期間にわたり維持するために重要な要素です。色褪せが気になる方は、以下のポイントを考慮して、色褪せしにくい色の選び方を検討してみましょう。

第一に、色褪せしにくい色を選ぶ際に考えたいのが、紫外線への耐性です。強い日差しや紫外線の多い場所では、色褪せが早く進むことがあります。そのため、塗料や色の特性を調べ、紫外線に強い耐候性がある色を選ぶと良いでしょう。明るい色や中間色、特に白や淡い色は、紫外線を反射しやすく、色褪せが遅れる傾向があります。

次に、色の濃淡や明度を考慮しましょう。濃い色ほど紫外線を吸収しやすく、明度が高い色ほど反射します。色褪せを気にする場合は、濃い色や高い明度の色を控えめに選ぶと良いでしょう。中間色や適度な明度の色を選ぶことで、劣化が目立ちにくくなります。

建物の周囲の環境や自然との調和も重要です。周囲の植栽や景観、地域の気候に合わせて自然な雰囲気を持つ色を選ぶことで、建物が自然と調和し、色褪せが目立ちにくくなります。また、隣接する建物や環境との調和を考えた色選びをおすすめします。

さらに、外壁の材料によっても色褪せの度合いが変わります。木材やプラスチックサイディングは色褪せが早い傾向がありますが、セラミックタイルや金属製品などは色褪せにくい素材です。

※高品質な塗料を選ぶことも大切です。メーカーによって製品の質が異なり、良質な塗料は色褪せにくく、美観を長期間にわたり維持することができます。

外壁塗装の際には、美しい外観を保つだけでなく、色褪せにくい色を選ぶことで長期的なメンテナンス効果を得ることができます。紫外線への耐性、色の濃淡や明度、周囲の環境との調和、外壁材料との相性、信頼性のある塗料メーカーの選定などのポイントを考慮して、建物にとって最適な色を見つけましょう。